かっさとは

「かっさ」とは、2500年前から中国で行われてきた民間療法である「刮痧療法」が原点。「刮」はけずるという意味で、「痧」は動けなくて滞っている血液のことをさします。専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、経絡の流れを良くするというもの。いわば、東洋医学的なデトックスであるといえます。